ベトナムで受託型オフショア開発ならネオラボ

このようなおなやみは御座いませんか?

  • 悩み 1
    プロジェクトマネージャーを担当できる人材が社内で見つからない。自社だけで企画・ディレクションしきれない。【PM人材不足】
  • 悩み 2
    社内にエンジニア組織がいなくてもよいので、社外開発パートナーとの連携から新しいサービスを作っていきたい。【外部開発連携】
  • 悩み 3
    受託開発の会社に出してもらった開発プロジェクトの見積もり費用が高すぎるため、開発できる対象が絞られてしまう。【コストダウン】

ネオラボのベトナム受託型オフショア開発の特徴

  • 1
    ネオラボ所属のプロジェクトマネージャー(PM)が開発統括となり、お客様と密な連携をとりながら、企画・設計段階から成果物の納品まで一貫したマネジメントを行うことで、プロジェクトを成功裏に導きます。
  • 2
    Webサービス・スマホアプリ分野に豊富な新規開発経験を持つPMをプロジェクトアサインすることで、ご依頼された開発対象を完成させるのみならず、より良い成果物に向けたブラッシュアップのご支援も行うことが可能です。
  • 3
    日本国内において上流工程を担当するネオラボに加えて、オフショア現地でのネオラボベトナムを下流工程に組み合わせることで、総合的なコスト優位性を持つ受託開発プロジェクトのお見積り・ご提案をすることが出来ます。
  • 4
    ネオラボはオフショア開発拠点として中長期的な価格競争力を維持できる「ベトナム(ダナン)」を選んでいるため、オフショア先の新興国における賃金/物価上昇に伴う開発コストの値上がり幅を最小限に留めることが可能です。

ラボ型オフショア開発のメリット・デメリット

メリット
・チームビルディングを伴う中長期での自社専属の海外組織づくりが可能
・要求仕様が正確かつ明確に固まっていない状態でもスタートが切れる
・エンジニアに直接指示が出せるため、こまかな修正を速やかに行える
デメリット
・単発の開発案件には向いておらず、ある程度の継続性を必要とする
・貴社向けのオーダーメイド組織であり、立ち上がりに一定期間を要する
・貴社からマネジメント・ディレクション人材をアサインいただくことが必要
(→アサインが難しい場合は「受託型開発」も併せてご検討ください)

ベトナム・受託型開発

オフショア開発をプロジェクト単位で利用する場合は「受託型開発(請負契約)」が適しています。
ネオラボは「企画〜設計」を弊社の日本人PMが日本側でお客さまと実施し、「実装〜テスト」を弊社のベトナム法人に在籍する現地プログラマ(単価は日本の3分の1程度)が担当する、というような開発体制が可能になります。

ベトナム・ラボ型開発

オフショア開発で自社の現地開発チームを育てる場合は「ラボ型開発(ラボ契約)が適しています。
特定の現地エンジニア(ネオラボベトナム所属)を自社開発業務や開発プロジェクトに継続的にアサインできることで、一回きりではなく中長期観点から、国内と海外を連携させた開発組織づくりに取り組むことが可能になります。

ネオラボ・プロフェッショナルネットワーク

ネオラボはオフショア開発ができる事業開発集団です。システム開発機能だけでなく、事業拡大や新規事業に際して、ビジネスサイドで不足しがちなエキスパート機能について独自のネットワークを構築しています。例えば「メディア」「アプリ」「AI」「VR」「マーケティング」「ビジネス開発」「法務・会計」「海外管理」など、各分野に精通したプロフェッショナル達による付加価値をご提供可能です。

オフショア開発に確信を起こすならネオラボ

へのお問い合わせはこちらから