2017年入社

岐部 茉美

Communication Platformスタジオ プロダクトマネージャー
中途採用

中学時代からウェブサイトを作成。九州大学芸術工学部卒。フロントエンドエンジニアとしてソーシャルゲーム制作に携わり、2017年ネオラボへ入社。業務用コミュニケーションプラットフォーム「Calling」の企画・UXディレクションを担当。趣味はLINEスタンプの作成とゲーム。

開発案件の豊富さに惹かれてネオラボへ

私はキャリア採用でフロントエンドエンジニアとしてネオラボに入社し、現在は企画やUXディレクションなどを担当しています。前職ではエンタメのBtoCサービス開発に携わっていました。BtoBの案件にも関わりたいと思ったタイミングでちょうど友人に誘われ、2017年にネオラボに入社しました。

ネオラボへ入社してみると、事前に友人を通して聞いていたより、ずっと多様なサービスを手がけていることに驚きました。今のネオラボはフィンテック、人事管理システム、私たちのチームが開発しているコミュニケーションツール「Calling」などのサービスを自社開発して提供していますし、他社様との共同開発ではドローンなどの領域での開発も活発に行っています。またこれまでに手がけてきたサービスではホログラムを使ったものなど挑戦的な内容の案件がたくさんありました。

ネオラボの開発案件の広さはCTOをはじめネオラボのボードメンバーが、誰も作ったことのないような面白い案件を好んで取ってくること、実装ができるエンジニアがいることの両方があって実現していると思います。
作りたいサービスを他の会社も作っておらず、ネオラボの内外のどこにもノウハウがないときには、自分たちでゼロからアイデアを出していく必要があります。ネオラボの開発エンジニアはみんなで一緒になって考えて、実現していくことができる人たちです。

趣味の絵描きとウェブサイト制作を仕事に

小さい頃から絵を描くのが好きで、将来は漫画家になりたいと思っていました。私の描いた絵に反応がもらえるのが嬉しくて、もっとたくさんの人に見てもらうためにホームページを作りました。
中高を通じてHTMLやCSSなどを独学で学びました。大学はデザインに限らずアートやプログラミングなどを広く学ぶため九州大学芸術工学部へ進学しました。大学在学中にはインスタレーションサークルや地域紹介の映画作品のウェブサイトの制作を受け持ち、その中で徐々にWebコンテンツ制作に携わりたい思いが固まりました。大学卒業後、大手IT企業へ入社しました。

当時はWebブラウザで遊べるソーシャルゲームが流行り始めていた時期です。入社した会社でもソーシャルゲームを開発しており、私はフロントエンドの実装担当になりました。

4年半ほどその業務をこなしたあと、ネイティブアプリゲームの開発に移りました。その仕事でUnityを使ったことがきっかけで、趣味でもスマホゲームを作るようになりました。自作ゲームに出てくるひつじのキャラクターはLINEスタンプで配布しているんですよ。

物作りを通じて人を幸せにする

ネオラボは優秀なエンジニアが新機能を次々と実装できる分、開発者目線に偏りがちかもしれません。私はネオラボの開発チームの中で、ユーザーの視点を持ってプロダクトを磨き上げることができる人になりたいと思っています。
私たちのチームが開発を進めている「Calling」は、ユーザーの方がより便利に使えるよう、今後も機能を追加していきます。アプリの機能が増えてもユーザーが迷わずにストレスなく使えるような設計を考えるのが私の仕事です。
いろんな人の助けになる、皆さんに愛されるサービスになるよう、チーム一団で育てていきたいと思います。

その他の「 中途採用」のインタビュー記事