2016年入社

細井信吾

SIスタジオ プロジェクトマネージャー
新卒採用

SIスタジオにてプロジェクトマネージャーを務める、たたき上げのネオラボ戦士

根暗だった青春時代

生まれも育ちも北海道札幌市。小さい頃からの自分の性格を、一言でいえば「人見知りの根暗」でした。仲間と一緒にいる時には話すけど、知らない人が一人でも入ってくると途端に喋らなくなってしまう、みたいな感じです。情報系の専門学校に進んだのは家に籠ってネットサーフィンをする時間が長かったというだけの理由でした。そういう意味でも考え方自体が引きこもりで暗かった。将来の目標と呼べるものも特にありませんでした。

鍛え上げてくれた上司と、ネオラボへ

新卒で入社した会社で最初に任された仕事は大手通信企業のデータの移行でしたが、一日中ほかの社員と隣で一緒に作業して、終始無言みたいな(笑) そのくらい人見知りの根暗でした。
例外に、非常に懐の広い、直属の上司とはコミュニケーションを取ることができました。

その案件のあいだ、上司は毎日1時間以上の振り返る時間を作ってくれて、その日のコミュニケーションの何が悪かったのか、どうすればよかったかを反省する機会を用意してくれたのです。おかげさまでプログラマー以前に社会人として成長させてくれました。彼には本当にお世話になりました。

縁あってその上司と一緒にネオラボに移籍したのが2016年8月です。ネオラボで最初に任された案件は社内システムの改善だったのですが、そこでプロジェクトマネージャーの補佐を任されました。発注元の部署やエンジニアなどに聞き込みを行い要件を洗い出す必要があるので、コミュニケーション能力がないと務まらない役割です。
質問の聞き方が下手で毎回注意されつつ、先輩の様子を見ながらその手法を真似て、徐々に勉強していきました。

任された大型案件

その後いくつかのプロジェクトでマネージャーの補佐を務め、昨年下旬から始まった大型案件でついにプロジェクトマネージャーを任されました。
これは市が建てる競技場のシステム開発案件です。チケットの購入などをつかさどるシステム側と、利用者の使うwebサービス側があり、自分はwebサービス側を担当します。
競技場の開催は来年。それから実際の運用が始まるので、通算3年以上の長いプロジェクトになる予定です。
 

憧れるひとたちの中で成長できる

ネオラボにはシステム開発で行き詰ると解決策を必ず持っている方や、お客さんとのやり取りが上手い方など、頼れる先輩が多くいます。みなさん理不尽なことで怒ったりはせずに、ミスをしても誰かがアドバイスや解決に導いてくれます。ベテランの先輩の方々が見守り、若手もお互いに足りない点を助け合う空気があるので、みんな安心して挑戦できるのだと思います。

ネオラボのSIチームは設立当初は売り上げが立つ案件なら何でも受け入れるスタンスでしたが、これからはプロジェクトの取捨選択を厳しくしていき、エンジニアのモチベーションを優先していく方針に変わりつつあります。

2年前、自分が入社した当時から見て、残業も確実に減り、雰囲気も穏やかになるなど環境はかなり変わりました。これからもSIスタジオのメンバーが働きやすい環境に変わっていくと思います。
根暗でネガティブな子供が落ち着いた大人に成長できた環境です。自分を大きく変えたい、成長したいと本気で思っている人は、ぜひネオラボに入ってみてください。