2017年入社

平野 龍二

Fintech スタジオ プロジェクトマネージャー
新卒採用

大学ではユーザーエクスペリエンス(UX)を専攻。広告が悪者になっている現状を変えようと、ユーザー側が広告を選択する仕組みを発案。最速で成長できる環境を選んでネオラボへ入社。1年目からプロジェクトマネージャーに名乗りを上げ、現在までFintechサービスの開発を牽引している。

UXとは、人を笑顔にすること

広くメディアに関して学べる環境を探して大学を選んだので、入学後は色々なことに手を出しました。3Dプリンターを使ったものづくりやDAWでの音楽の作成など、課題は毎回全力で取り組みました。
メディアは人の気持ちを動かすものですが、UXは体験感情の仕組みを広い視野で考えるものです。大学後半はデザインやプログラミングの技術を磨く一方でUXを専攻し、卒業研究ではアドテクノロジーの研究を行いました。広告が悪者になっている現状は広告主にもユーザーにも不幸です。ユーザーが広告ジャンルを選択するなど工夫することで広告の体験感情をより良くできると考えました。

負けず嫌いのリーダーからプロジェクトマネージャーへ

昔からリーダー気質でした。中学・高校では生徒会を務めていましたし、大学でのグループ課題でもリーダー役をかって出ることが多かった。誰かに指図されたり、思い通りにならないのが嫌だったのでしょうね。だから仕事でも人を引っ張る立場になりたかった。
プロジェクトマネージャーができることを条件に会社を探し、ネオラボを見つけました。新卒の若手にそこまでの裁量とチャンスを与えてくれる会社は他にありませんでした。

サービスの実装にあたりネオラボ内の他の部署や取引先企業の方とやりとりする内容は多岐に渡ります。それまでの運用の形はどういったものだったか、それをどんな運用に変えれば満足してもらえるか。
ニーズを拾う段階では実際のユーザーにヒアリングをします。その後は仕様書を決めて実装する訳ですが、ここではエンジニアと相談しながら進めます。コミュニケーションのミスは一番勿体無いと思っていますから、齟齬が出ないように相手の思考・感情を常に考えながらすり合わせていきます。その意味でマネージャーとUXでは求められる能力は近いと思います。

他の会社より10年早く成長させる環境がここにある

ネオラボでは、受託開発と自社開発をどちらもできます。資金力もある程度あり、新サービスを自前ですぐに始められます。何より、若手に裁量を与える環境であるという点では群を抜いています。
プロジェクトマネージャーは普通の会社では10年目くらいのベテランに任される仕事です。成長する機会を掴む気概があれば、新卒でネオラボに入ることは大きなアドバンテージになると思います。
ただ役職を与えるだけでなく、その若手をサポートするミドル層の強さもネオラボの魅力です。社内で年齢差を理由に気遣いすることはありません。アットホームで和気あいあいとした雰囲気の中でアドバイスをもらえます。

いま大学生の方は自分が何をやりたいのか、まだはっきり決まっていないことも多いと思います。就職活動中は会社の名前に目が向きがちですが、本当にやりたいことを考えながら会社を選んでもらいたいと思います。